アキバBlogさんPlayStation2版『夜明け前より瑠璃色な-Brighter than dawning blue-』音楽集『Terra Passport』は2007年3月30日発売です。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【ニュース】残念・・・のだめカンタービレ効果か!?クラシック演奏会でキレる客急増中 

前置き:やっと昨日PS2が届いた・・・楽しんでますよwGAとか
古い方はソニータイマーでもうガタガタだったんでゲームもできなかったからねぇ(´Д`)

ソンナハナシハ\( ̄ー\)(/ー ̄)/オイトイテ


のだめ効果?
クラシック演奏会でトラブル続出


ちょっと残念・・・もといこれのアニメ感想してればよかった・・・
結構な人気作 ,


 クラシックの演奏会で最近、観客同士のトラブルが相次ぎ、主催者らを悩ませている。人気マンガ「のだめカンタービレ」などの影響で、新規客が増えたのが一因のようだが、かつては問題にならなかったようなささいなことで、いらだちを暴発させる客が目立つという。音楽業界も対策に乗り出した。

◆途中入場・チラシ制限も

 「携帯電話のアクセサリーがうるさい」。昨年、都内の大ホールで、30代とおぼしき男性が若い女性の服をひっぱり、ロビーに引きずり出した。仲裁に入った主催者がその携帯を見せてもらうと、ちいさな鈴がひとつついていただけ――。

(中略)
◆音や行動に敏感

 特定のクレーマーや、マナーに無神経な客は昔からいたが、最近の特徴はごく普通にみえるクラシック好きの常連客が、周囲の音や行動に過敏に反応し、突如キレる客に変貌(へんぼう)する点だ。

(中略)
◆「ガス抜き」検討

 主催者やオーケストラ側も対応に苦慮している。新規客もシルバー世代も、これからのクラシック界を支える大事な存在。トラブルのせいで演奏会から足が遠のく事態は避けたい。一方で、昔からの固定客も大切にしたい。とはいえ、注意事項やアナウンスが増えると、雰囲気が堅苦しくなる……と試行錯誤が続く。

 東京フィルハーモニー交響楽団では昨年から、クレームの原因になることの多い、曲の途中での入場や入り口でのチラシ配布をやめた。松田亜有子渉外部長は「賛否はあると思うが、“音楽に集中してもらうことを東京フィルは優先する”と意思表示することが大切だと考えた」と語る。

 大手マネジメントのジャパン・アーツは04年から、一般のファンの意見をもとにマナーブックを作成し、公演で配っているが、最近のトラブル増加を受け、改訂を検討中だ。

 東京ニューシティ管弦楽団は4月から、着席の際の「お願い」を記した紙をプログラムに挟む。「『マナー』を押しつけるのではなく、クラシックならではの深みを味わってもらうため」と作田忠司事務局長。客席の一角に、少々の音を気にせず聴衆が気楽に振る舞える「自由席スペース」も設ける予定だ。

 日本オーケストラ連盟は今月、この問題で日本クラシック音楽事業協会と初の意見交換会を開いた。今後も心理学者を招くなど、様々な角度から勉強会をするという。「リタイアした団員に『音楽ソムリエ』としてロビーに立たせ、聴衆との交流をはかってもらうなど、ガス抜きの方法を真剣に考えていきたい」と出口修平事務局次長は語る。

 ちなみに関西からは、こんな「キレ客」にともなうトラブルはあまりきこえてこない。「何か問題があれば客同士が『おい、やめえや』と注意しあうし、さばさばしているから不快感も後にひかない。主催者を巻き込んでのトラブルは、ほとんど聞かない」(大阪フィルハーモニー交響楽団事務局)とか。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


これはオールドファンがマナーのなってない新人にキレてるんでしょうか?

新人はのだめ軍団もいるかもしれんが、団塊の世代も入っているのかも
まぁ新しい人が集まってくればこういったマナーを軽視した奴も出てくるよな~

曰く、そういった奴らを
『ニワカファン』

こいつらいらねぇ、なんでも話題集めれば必ず出てくる阿呆共が
ニワカから進化するならまだいいんだけど・・・


p.s
ちなみに関西が無事なのは関西人気質もあるかもしれんが
関西では演奏会が少ないからだという意見もあります・・・残念関西人w

TB送信:痛いニュース(ノ∀`)
スポンサーサイト
[ 2007/03/17 17:05 ] 速報orニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。